〜20年の軌跡をふりかえる〜 京葉銀行カレンダー画家展 きずな

~20年の軌跡をふりかえる~

京葉銀行カレンダー画家展 きずな

2021年7月6日(火)~11日(日)

東武百貨店船橋店6階イベントプラザ

※最終日は午後4時閉場

共催:京葉銀行 後援:千葉県

京葉銀行のカレンダーの挿画に採用された画家19名の作品を集めたグループ展。

京葉銀行カレンダー史を振り返ると共に、画家たちの最新の作品をご紹介いたします。

また、作品は展示即売を行い、収益の一部を芸術文化振興を目的に千葉県へ寄付いたします。

#東武船橋 #京葉銀行 #千葉県 #千葉 #斉藤良夫 #椎名保 #溝口七生 #岩波昭彦 #前田麻里 #藤井聡子 #木下千春 #鎮西直秀 #狩俣公介 #大野真貴 #前田力 #並木秀俊 #泉東臣 #綿引はるな #近藤隼次 #松岡歩 #小林範之 #鹿間麻衣 #瓜生剛

2021年京葉銀行カレンダー原画担当画家として今展覧会に参加します。2021年カレンダー原画油彩も複数出品し、新作も展示しますので、どうぞご覧ください。

極光深淵

極光深淵

キャンバスに油彩

2018年制作

455×273 mm

個展「極光深淵」コンセプト

「侵蝕する光景・内在する景色」と題し、自分の訪れた場所・体験した事象を核に制作している。

時を経るごとに、曖昧で不鮮明になっていく記憶を、色彩で補いながら、透層/積層/増殖させ、蓄積/侵蝕するかのように画面を埋めていく。自分自身の記憶の位置軸がどこにあるのか、絵画の中で見つめていく。

日々の生活に潜む、言い知れない不安を拭い切れないでいる。

奥深い底知れぬ場所[深淵]で、微かに差し込む光、奥に見える明かりを頼りに進んでいく。

ひとり不安を拭う為に、究極の光景[極光]を求めて流離う。

2018 瓜生 剛